- 五月十日の心音(あけぼのに咲く-番外編-) -



「きょうちゃんのさ」

 朝日が昇るころに帰宅したばかりの杏寿郎が、床の間の刀掛けに日輪刀を置き、ふうっと一息ついた時だった。
 そう言われて振り向くと、先ほど玄関口でおかえりなさいと満面の笑みで出迎えたが、杏寿郎の着替えを準備しながら真剣な顔をしていた。

「きょうちゃんのその羽織って、どうなってるの?」
「どうなってるとは?」
「槇寿郎おじさんが着てた頃から謎だったんだよね」

 そう首を傾げるは、杏寿郎へと近寄ると、じっと羽織を見つめる。
 炎柱となった杏寿郎に邸宅が与えられてから、は毎日のようにここへ通っていた。母親には「まだ嫁いだわけでもないのに」と言われていたが、柱になって日が浅い杏寿郎を気遣って、不便なことも多いだろうからせめて暮らしのことは手伝いたいと、母の小言を突っぱねていたのだった。
 杏寿郎が柱として初めての任務に出る際には、槇寿郎から受け継いだ羽織をまとう姿を見て、は涙を浮かべていた。

「ちょっと手挙げてみて」

 そう言って杏寿郎を見上げたの瞳には、好奇心がきらりと輝いていた。

「こうか?」
「両手で、もっと高く。ばんざーいって」

 言われるがままに両手を高く挙げた杏寿郎。途端に、は目を見開く。

「ほら落ちない! どうして? 袖も通してないのに、なんで落ちないの?」

 なんで、どうして、と羽織を見つめながら杏寿郎の周りをぐるりと一周する。そんなの姿に、杏寿郎の口からは思わず笑いがこぼれる。

「そんなに気になるのか?」
「うん、ずっと気になってたの」
「仕方ない。ならば見せてやろう!」
「えっ、本当?」
「うむ! だが特別だぞ!」

 わあっ、と声を漏らすに微笑み、杏寿郎はその場に胡座をかく。
 そうして右肘を上げ、脇の下に空間をつくると、を見上げて言う。
 
、ここへおいで」

 大きく頷いたは、その場にぺたんと座り、

「お邪魔します」

と、這うようにしながら杏寿郎の羽織の中へと入っていった。

「あっ、ちょっときょうちゃん」
「これはくすぐったいな! 妙な気持ちだ!」
「逃げちゃだめ。少しじっとしてて」

 むう、と唸る杏寿郎に構わず、ごそごそと羽織の内側で動く。背後へと回り込み、右肩のあたりに顔を寄せると、「ああっ」と声を上げた。

「なるほど紐で――」

 の言葉はそこで途切れてしまう。
 杏寿郎が両手を後ろに回し、の体を自らの背中にぐっと押し付けたのだった。

「捕まえてしまった!」

 愉快そうに声を上げる杏寿郎。羽織の中に閉じ込められたは、呼吸ができるように顔の向きを変える。そうして、「もう」と言いつつ、右耳を背中に当てた。

はすぐ油断をするからな!」

 左耳でその笑い声を、そして右耳で杏寿郎の心音を聴いていた。
 とくん、とくんと鳴る鼓動に、思わず声を漏らす。
 
「なんか安心する」
「そうか! それは良かった!」

 その音とこのぬくもりが、途端に眠気を連れて来る。寝ちゃだめだと、閉じかけた目を開く。それを何度か繰り返していると、不意に光が差し込んだ。
 杏寿郎はを羽織から出すと、にこっと笑む。

「どうだ。仕組みが分かったか?」
「うん、ありがと。これって癖になっちゃうね」
「これ?」

 その言葉の通り、杏寿郎の羽織の内側は、のお気に入りとなった。
 出立する前、帰宅時など、決まって杏寿郎の羽織の中へと潜る。そしてその背中に耳を当てて心音を聴く。そのたび、杏寿郎はくすぐったさに目を閉じる。
 この世界の中だけで生きていける。杏寿郎の羽織の内側にいると、そんな気がするのだった。



「来るか?」

 いつものように、帰宅した杏寿郎が日輪刀を置くのを待ち構えていたに、杏寿郎が諦めにも似た笑みで声を掛ける。
 は後ろ手を組んでいるようで、どこかそわそわとしている様子だった。

「はい!」

 座った杏寿郎に駆け寄る。杏寿郎はそんな姿に、「やっぱりは犬のようだな」と笑った。
 潜り込んですぐ、が「あれー?」と、どこかわざとらしい声を上げる。

「こんなところに……」

 そう言いながら、杏寿郎の右脇の下からひょっこり顔を出すと、

「こんなものが」

と、小さな箱を見せた。
 中には、淡黄色をした楕円の練り菓子のようなものが入っており、杏寿郎は首を傾げた。はその反応をじっと伺っている。

「なんだ? 芋のような匂いがするが」
「これはね、スイートポテトっていうの」
「すいーとぽてとか!」
「きょうちゃん知ってた?」
「見たことも聞いたこともないな!」
「さつまいものお菓子だよ。お友達の家が洋菓子店をやってて、そこで教わって来たの」

 さつまいもと聞いて目を輝かせた杏寿郎は、の話にうんうんと頷きながらも、その視線はもうスイートポテトに釘づけだった。

「これ、全部きょうちゃんにあげる」
「いいのか!」
「もちろん。だってきょうちゃんのために作ったんだもん」
「ん? 俺が何かしただろうか」

 はて、とお菓子から目を離して宙を見やる杏寿郎。すかさずが言う。

「今日はきょうちゃんのお誕生日でしょ」
「ああ、そうだったか!」

 もう、と息を吐いただったが、その目は笑んでいた。
 そうして羽織の内側から抜け出たは、小箱から一つ摘み上げて、杏寿郎の口に近づける。ぱかりと口を開けた杏寿郎に「鯉みたい」とくすくす笑いながら、そっとスイートポテトを入れる。

「――っしょい」
「ん?」

 つぶやいた杏寿郎を見上げると、

「わっしょい!」

 そんな大声が返ってきて、はびくりと肩を上げた。

「とんでもないうまさだ! なんだこれは!」
「良かった。まだ向こうにもたくさんあるから」
「たくさん! 夢のようだ!」
「あ、でも一箱は残しててね。せんちゃんにもあげるから」
「千寿郎が来るのか?」
「ううん、私たちが行こうかなと。一緒にお祝いしようって、せんちゃんがごちそう作って待ってるんだって。大丈夫?」
「もちろんだとも! 千寿郎が待っているのに行かないわけがない。這ってでも行こう!」

 うまい、うまいと言いながらスイートポテトを頬張る。
 そんな杏寿郎を、は慈愛に満ちた表情で見守る。

「駒澤村のお家に着いたら、いの一番で瑠火さんに手を合わせないと」
「いつもそうしているだろう?」
「今日は特にだよ。きょうちゃんを産んでくれてありがとうございます、って」
「なるほど! そうだな。母上のおかげで俺はここにいる」
「あと、槇寿郎おじさんにもお礼を伝えないと」
「父上には何と?」
「えっと、きょうちゃんに命を授けてくれてありがとう……かな?」
「うるさいと言われるだろうな」
「かもね。まあ何を言ってもそう言われるんだし、気にしない」
は父上に対して怯まないな」
「だって、やさしさを憶えてるから。きょうちゃんもそうでしょ」

 そうだなと微かに笑った杏寿郎は、またスイートポテトを摘み、ぱくりと一口で食べてしまう。もういくつも食べているのに、口に入れるたび、「うまい!」とまるで初めて食べたかのような反応を見せるのだった。
 はそんな杏寿郎の膝にそっと手を乗せ、「きょうちゃん」と呼び掛ける。杏寿郎は咀嚼していたスイートポテトをごくりと飲み込み、「どうした?」と返す。
  
「生まれてきてくれて、ありがとう」

 杏寿郎は瞬きを忘れたようにを見つめる。
 そうして少し間を置いたのち、膝に置かれたの手に、自らの手を重ねる。

「いつもそばにいてくれること、感謝している。ありがとう」

 そう言った杏寿郎は、力がふわりと抜けたような、そんな柔らかい顔で笑った。
 は唇を結び、ゆっくりと視線を下げ、ついにうつむいた。杏寿郎が覗き込むと、は頬を染めていて、杏寿郎と目が合うとふいっと顔を背けてしまった。

「どうした」
「……よかった」
?」
「よかったなあって。きょうちゃんがまた一つ、歳を重ねられて」

 の唇がふるふると震えはじめている。そのことに気づいた杏寿郎は、ふっと笑った。
 
「実家へ行くまでにまだ時間はあるか?」
「うん、お昼過ぎからって言ってあるから」
「そうか。じゃあ」

 杏寿郎はの腕をやさしく引き寄せ、羽織に包み込むようにして抱きしめた。

「きょうちゃん……?」
「しばらくこうさせてくれないか」

 耳のすぐ近くで聞こえるその声に、は自分の胸が高鳴るのを感じた。
 そうして、杏寿郎の背中にそっと腕を回す。

「――仕方ないなあ。特別だよ」

 穏やかな声でそう言うと、杏寿郎の首元へと顔を埋める。
 杏寿郎は、の柔らかな手のひらが、とん、とんと背を叩きはじめたのを感じた。それはまるで赤子を寝かしつける母のような、そんな仕草。
 その心地よさと、ふと湧き上がった懐かしさに、杏寿郎は瞼を閉じる。

「眠くなってきてしまった」
「私も。あのね私、きょうちゃんの体温が好き。気持ち良くてさ、触れてるといつも眠たくなってくるの」
「俺も同じだ。は俺を寝かしつける天才だな」

 互いに心地よい気だるさを孕んだ声でそう言い、最後に笑い合った。
 眠りに落ちる寸前、は杏寿郎の胸に耳を当て、とくん、とくんという強く確かな心音に合わせ、ゆったりした口調で言うのだった。

「生きてるね、きょうちゃん。今日もここで、こうやって」




(2021.05.10)